新聞配達ワーク コラム「住み込みで働く」

コラム「住み込みで働く」Column

new 新聞配達 住み込み 寮・社宅

住み込みで働く

新聞販売店は大半のお店が、寮や社宅が完備されています。地方出身者や事情があって住む場所が無い方などにとって、とてもありがたいシステムが整えられています。販売店の近隣の寮・社宅に住めれば通勤にも便利でとても効率的です。今回はその住み込みについてレポートします。

昔は共同生活のような形で、まさに住み込みという環境の寮が多かったようですが、最近は販売店の周辺のワンルームマンションやアパートを寮としているお店が主流になってきました。昔ながらの寮の場合は、食事付きが多いようです。販売店が専門のスタッフ(主に主婦)を雇って、朝晩の食事を出してくれます。食費は取られてしまいますが、外食より経済的で割と美味しかったりするようです。味気ない外食より、栄養バランスも良く家庭的な料理を食べられるのは嬉しいものですよね。日々の活力になりそうです。

一方最近では一般的になってきた近隣のワンルームマンション・アパートの場合、1棟まるごと寮と言うわけでは無く、あちこちに分散されているケースが多いようです。先輩が近くにいないのでプライバシーも保たれます。必要最低限の家具や家電も完備されているので、誰でもすぐに生活を始めることが出来ます。多くの新聞販売店が人材の確保に力を入れているので、概ね綺麗な物件が多く、至れり尽くせりの環境が整っています。ベッドももちろん完備されていて、寝具はちゃんとクリーニングされているので、女性でも安心して快適に住むことが出来るでしょう。販売店によりますが家族の同居が可能な寮もありますから、シングルマザーの方などにもお勧め出来ると思います。お子様が寝ている間、学校に行っている間に、朝刊・夕刊の配達が出来るので、お子様に寂しがられることもあまりありません。子育てしながら働くことが可能になります。職場も近いので何かあっても安心です。

また資本力がある新聞販売店では自社ビルを構え、1階がお店、2階以上が個室寮というケースもあります。階段を降りれば出勤できるので通勤は非常に便利ですが、1階が仕事場なので休日も休んだ気がしないというデメリットもあります。先輩などと同じ建物内で、色々パシリで使われることもあったりするでしょう。そういう点では新人スタッフにとっては良い環境とは言えないかもしれません。ただし寝坊しても先輩から叩き起こされるというメリット?もありますが。

寮の家賃はもちろん徴収されますが、敷金礼金も係らないので個人の支出は少なく済みます。さらに引っ越し代を負担してくれる販売店もあります。家賃も一定期間免除してくれたり、補助制度がある場合もありますので、財布の心配をすることなく仕事に専念出来ることでしょう。面接して入社が決まったら、すぐに済む場所を確保できて、安定的なお仕事と収入を得ることが出来るのです。新しい環境で再出発したいと考えている方は、住み込みで新聞配達を始めてみてはいかがでしょうか。頑張れば頑張っただけ給料も増えていくので、とてもやりがいのある職業です。現在の給料や待遇に満足していない方は是非新聞配達のお仕事をご検討ください。