新聞配達ワーク コラム「新聞販売店 専門用語②」

コラム「新聞販売店 専門用語②」Column

new 新聞配達 専門用語

新聞販売店 専門用語② 【さ行】~【ら行】

新聞販売店の専門用語・業界用語集パート2です。今回は【さ行】以降をレポートします。 味のある用語から、考えさせられてしまう用語まで様々です。 新聞配達デビューを考えている方は必見ですよ!

【さ行】

▼先起こし
新聞購読契約終了後に他紙を購読中の顧客から、他紙契約期間が終了後の契約を取り返してくること。

▼先縛り
縛り(契約延長)後の、更に先の契約延長をすること。

▼残紙
押し紙などによって発生する、配達されずに廃棄処分される新聞のこと。

▼縛り
現在の新聞購読契約を延長すること。

▼集金不良
新聞購読料の集金が出来ないこと。

▼順路記号
配達する各家庭の順路・位置を記した専用の記号。

▼順路帳
配達する購読者の順番、ルート、新聞銘柄、その他注意事項が記された帳面のこと。

▼新勧
過去に新聞購読していなかった顧客からの新規契約のこと。

▼セールス証
新聞社公認の拡張団に属するセールスマンの社員証。

▼セット
朝刊と夕刊をセット購読している顧客のこと。

▼専業社員
配達・集金・営業など新聞販売店の全ての業務を行う専業従業員。

▼全戸台帳
過去のものも含めて契約状況、購読者の個人情報などが記された顧客台帳のこと。

▼専売
特定の新聞銘柄のみを専属で扱う販売店のこと。

▼増刷(別刷り)
日曜版などの別刷りされて折り込まれる新聞。日曜版以外にも正月版、甲子園特集などがある。

▼増紙
契約件数が増えて配達が増えること。

▼即入
新聞購読契約をした翌日から即配達すること。


【た行】

▼代配
休みの配達員の区域を代わりに配達すること。

▼通報料
転居通報をした販売店がもらえる報酬。

▼遅配
新聞の配達が所定の時刻より遅れること。

▼転居通報
新聞購読者が区域外に転居した場合、転居先の販売店に連絡がいくシステムのこと。

▼てんぷら(カード)
架空の契約。架空のお客さんと住所を作り新規契約を偽装すること。

▼読者モニター
他紙の拡張に関する監視を依頼した購読者。他紙の違反行為の通報をしてもらう。


【な行】

▼流し込み
購読の契約期間が終了しても新聞を入れ続け継続を促すこと。もしくは未契約の家庭に勝手に新聞を配達すること。

▼泣き勧(ナキカン)
拡張時に情に訴え泣き落としで契約を取る営業手法。

▼忍者
てんぷら(架空の契約)を乱発して逃げてしまう人のこと。


【は行】

▼引っかけ
購読中の他紙の新聞セールスマンと偽って玄関に出てもらい、自社の新聞契約を取ること。

▼不着
新聞の配達漏れをすること。

▼不良カード
カード(新規契約)の約束が履行されなかったこと。集金出来ない状態になったこと。

▼不良読者
金払いの悪い、集金が困難な購読者。

▼プレミア
新規契約を取った時の成功報酬(カード料)が通常より上乗せされること。


【ま行】

▼マッチ箱
昔ながらの平屋の賃貸一軒家。

▼まとめ
一定の新規契約件数を取ってくるともらえる成功報酬。

▼まるちょん
信頼関係が構築できている購読者に対し、契約継続の手配を確認せずに進めること。

▼店を開く
バイクに積んだ新聞を道にばらまいてしまう事。路上で店を開くような形になるからついた言葉。

▼無読
新聞を購読していない顧客のこと。


【や行】

▼約切
新聞購読契約が終了すること、したこと。

▼約なし固定(読者)
契約期間が定まっていないが購読新聞が固定されている優良読者。


【ら行】

▼臨配
販売店の配達員が足りない時に、一時的に外部から人員を呼んで配達すること。


以上となります。この用語を覚えれば貴方もいつでも新聞配達のお仕事がスムーズに出来ますよ。先輩社員との会話にもついていけることでしょう。参考にしてもらえれば幸いです。