求人採用基準

新聞配達員募集の採用基準

新聞配達員募集の採用基準

今回は新聞配達員の採用基準についてレポートします。 新聞配達員のお仕事は難しいことは無く、真面目で健康な方ならどなたでも出来る業務です。 新聞販売店によって採用基準は多少異なりますが、ここでは一般的な基準と傾向をご紹介します。

 

 

まず年齢と性別についてですが、現在の日本では雇用対策法や男女雇用機会均等法によって、年齢制限や男女の区別は出来ないことと定められています。とはいえ他業種の企業では問い合わせした際に丁重に断られたり、形式上面接だけ行い採用されなかったりする傾向があると思われます。その点新聞販売店においては、年齢と性別の基準だけで落とされるということはほぼ皆無です。新聞配達員の仕事は配達業務に耐えうる体力と健康さえ維持していれば女性でも可能ですし、中高年の方でも問題なく行えます。その新聞販売店の事情にもよりますが、年齢と性別においてはほぼ不問と言えます。実際女性の配達員は沢山いらっしゃいますし、定年退職後のセカンドキャリアとして働いている方も多く見受けられます。

 

 

学歴も一切関係ありません。極端な話、一流大学卒業の方でも社会常識と最低限の体力が無かったら落とされてしまいます。逆に中卒や高校中退の方でも、健全な肉体と健全な精神の持ち主なら採用してもらえます。今の時代高卒以上で無いとなかなか就職出来る企業は限られてきますが、新聞販売店においては影響ありません。真面目に働く意欲さえあれば学歴は問われませんから、事情があり高校を卒業できなかった方もどうぞご安心ください。

 

 

唯一必ず確認されるのが原付免許の有無です。自転車でも配達は可能ではありますが、原付バイクと自転車では配達時間に大きな差が出てしまいます。配達できる部数が限られてくるとお給料にも影響してきます。基本的に原付免許は必要だと思ってください。但し免許を持っていない方でも、運転免許試験場で適性試験と学科試験を受けて技能講習を受講すれば、1日で免許証を取得出来ます。新聞販売店が免許の取得を一から面倒を見てくれる場合もあります。原付免許を持っていなくても、まずは新聞販売店に相談してみてください。

 

 

そして新聞配達員は経験も一切不問です。もちろん何処の業種でも経験者は重宝されますが、新聞配達員の大半は未経験から始めている方ばかりです。基本簡単な業務なので、やる気さえあればどなたでも出来ます。入社して慣れるまでは先輩スタッフと同行して配達するので、経験が無くても安心して働けます。むしろ惰性で働くベテランの経験者より、ある程度緊張感を持って働いてくれる未経験者は歓迎される傾向があります。とにかく販売店が求めているのは真面目な人材ですから、過去の職歴は一切関係ありません。経験が無いから不安だという方もご安心ください。

 

 

また新聞販売店は副業やWワークとして働くことも概ね可能です。朝刊や夕刊の配達だけのアルバイトも可能です。自営業のかたわら新聞配達のアルバイトをしている方や、パートの仕事と掛け持ちしている主婦の方も多くいらっしゃいます。配達する時間帯が固定されているので、掛け持ちもしやすい環境なのです。本業の収入が少なく困っている方は検討する価値はあると思います。

 

 

このコラムで何回も触れているように新聞販売店の人材不足は深刻化しています。やる気さえあれば門戸は開かれています。多少何か訳ありでも、まずは新聞販売店に相談・問い合わせしてみてください。この業界においては門前払いをされることは一切無いと断言できます。貴方の勇気とチャレンジをお待ちしています。