新聞配達求人サイト「新聞配達ワーク」 コラム

新聞配達コラムColumn

new 奨学生 読売新聞

新聞奨学生① 読売育英奨学会

新聞奨学生ってご存知ですか?大学等に通う学生が新聞配達の仕事を行い、学費の一部もしくは全額を新聞社が肩代わりしてくれるシステムのことです。 家庭の事情により学費を払うのが困難な学生にとって、学費の負担をしてもらえると共に、住む場所と毎月のお給料ももらえるという、至れり尽くせりの内容になっています...

続きを読む

new 新聞配達 給料

新聞配達員のお給料

新聞配達のお仕事を検討されている方は、お給料体系はどのようになっているかが、一番関心が高いところだと思います。 お仕事内容は概ねどなたでも出来る簡単な業務ではありますが、ブラック的なイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。 しかしそんなことは無いのです。最初は大変かと思いますが、慣れてしまえば業務は効率よく出来るし、お給料も頑張っただけもらえるシステムになっています...

続きを読む

new 新聞購読料 キャッシュレス

新聞購読料キャッシュレス化

新聞購読料の支払いはクレジットカード決済・口座振替が増えてきています。大手新聞社では全ての会社が、カード決済・口座振替に対応しています。インターネットで申し込むか、配達員に直接その旨を伝え申込書類に記入することにより、支払方法を変更できます...

続きを読む

新聞配達 専門用語

新聞販売店 専門用語②

新聞販売店の専門用語・業界用語集パート2です。今回は【さ行】以降をレポートします。 味のある用語から、考えさせられてしまう用語まで様々です。 新聞配達デビューを考えている方は必見ですよ!...

続きを読む

新聞配達 専門用語

新聞販売店 専門用語①

新聞販売店では様々な専門用語があります。一般の人には分からないものばかりです。 そこで今回はその用語をご紹介します。これから新聞配達のお仕事に関わろうと思っている方は、参考にしてください。 量が多いので、初回は【あ行】と【か行】の新聞販売用語を記します...

続きを読む

新聞配達 住み込み 寮・社宅

住み込みで働く

新聞販売店は大半のお店が、寮や社宅が完備されています。地方出身者や事情があって住む場所が無い方などにとって、とてもありがたいシステムが整えられています。販売店の近隣の寮・社宅に住めれば通勤にも便利でとても効率的です...

続きを読む

新聞配達 バイク

新聞配達用バイク

新聞配達は殆どの場合、バイクを使って配達します。ごく一部で自転車の場合もありますが、基本はやはりバイクです。新聞販売店に入社したら、まずはバイクの練習をすることになります。新聞配達は、学歴・経験・年齢も殆ど不問ですが、原動機付自転車免許は必要になります...

続きを読む

新聞配達 順路帳

順路帳

新聞配達するにあたって、不着(配達漏れのこと)を防ぎ、配達の時間短縮を図るために順路帳を活用しています。 初心者に起こりがちな不着はお客さんのクレーム対象となりますので、絶対に防ぐ必要がありますが、順路帳の通りに配達していけばまず起こりません。ただ夏場ならともかく冬場だと朝刊の配達時間は真っ暗ですから、順路帳を見るのも一苦労な状況も出てきます...

続きを読む

新聞配達 営業

新聞配達のお仕事③ 営業業務

新聞販売店の基本業務について、最後は『営業業務』についてレポートします。 新聞販売店の営業業務とは、購読者への継続契約依頼、新規購読者の獲得などの拡張業務になります。 その手法は他業種の訪問営業と同じように、現在購読していない家庭にアポなしで訪問し、新規購読者を獲得する営業を行います...

続きを読む

新聞配達 集金業務

新聞配達のお仕事② 集金業務

今回は新聞販売店の集金業務についてご説明します。集金業務とは、新聞購読者の各家庭を回り、新聞購読料を徴収する業務です。この代金が新聞販売店だけでなく、新聞を発行している新聞社の収入源になるので大切なお仕事です。新聞販売店はその労力を考え、クレジットカード決済や口座振替を推奨していますが、未だに手集金の家庭が多くなっています...

続きを読む

新聞配達 配達業務

新聞配達のお仕事① 配達業務

今回から新聞販売店の業務内容をレポートしていきます。新聞販売店の業務は、主に『配達』『集金』『営業』の3つに分かれています。その他補助的な業務もありますが、それは省かせてもらいます。まずは配達業務についてご説明します。配達業務の流れとしては、まず深夜の2時~3時頃から出勤します。この時間はエリアや販売店によって前後するようです...

続きを読む

毎日新聞 歴史

毎日新聞の歴史

日本の三大紙である読売新聞・朝日新聞・毎日新聞の中でも最も古い歴史を誇るのが毎日新聞です。 1872年(明治5年)3月29日に、東京浅草で日報社から「東京日日新聞」として創刊されました。ちなみに1871年(明治4年)に創刊された、日本での日刊新聞の始まりと言われる「横浜毎日新聞」とは、名前は似ていますが全く別の新聞になります ...

続きを読む

新聞配達

新聞配達の昔~現代

初回のコラムでもお伝えしましたが、新聞の始まりは「瓦版」と言われています。瓦版は街の中で情報を読み上げながら、大衆の気を引き売っていくスタイルでした。明治になり「新聞」という媒体に変わりましたが、当初は八百屋や魚屋などの商店に置いてもらい販売する手法だったようです。今でいうとコンビニに雑誌を買いに行くようなイメージでしょうか? ...

続きを読む

朝日新聞 歴史

朝日新聞の歴史

「朝日新聞」は木村騰氏と村山龍平氏により大阪の地で1879年1月25日に創刊、全4ページで約3千部発行されたそうです。 最初は読み物や雑報を中心にした大衆向けの小新聞だったとのことです。創刊2号まで無料頒布され、第3号から1部1銭で販売されました。 その後新聞販売は好調に伸びていき、第400号の頃には1万3千部の発行部数を超えるまでになりました。 ...

続きを読む

読売新聞 歴史

読売新聞の歴史

今回から日本の主要な新聞を紹介していきます。まずは日本で最大の発行部数を誇る読売新聞から始めます。 読売新聞は1874年に日就社から「讀賣新聞」として創刊されました。現在も新聞の題字は「讀賣新聞」と表記されています。創刊当時は隔日の発行でしたが、翌年1875年には日刊紙になります。明治中期には坪内逍遥、尾崎紅葉、幸田露伴らの文豪が入社、1897年から1902年まで尾崎紅葉による「金色夜叉」が連載され人気を博したようです。...

続きを読む

新聞 歴史

新聞の歴史

新聞や新聞配達に関するコラムを発信していきます。初回は新聞の歴史について記事を書きます。日本では江戸時代以前から存在したという瓦版が新聞の始まりと言われています。 災害や大火など大きな事件を、庶民に街頭で読み上げながら売り歩いていたので、読売(讀賣)とも呼ばれていたそうです。娯楽志向のスキャンダルネタやガセネタもあったというから 今の某夕刊系スポーツ新聞にも通じるものがありますね。...

続きを読む