新聞配達花粉症

新聞配達の花粉症対策

新聞配達の花粉症対策

少し寒さも和らいできて、ようやく春を感じるようになってきましたね。新聞配達で働く皆様も、少し楽になってきたのではないでしょうか?しかし暖かくなると新たな悩みが、、そう花粉症です。花粉症とは縁のない方は全く気にならないかと思いますが、花粉症はいつ発症するか分かりません。2017年の東京都の調査では、都内のスギ花粉症有病率は48.8%と推定されると発表されています。約半数の方が花粉症だというのだから驚きです。1983年~1987年当時の推定有病率は10%だったようなので、30年で約5倍に増えたことになります。これはもはや国民病といっても過言ではない状況です。

 

 

新聞配達は基本的にバイクで業務を行いますから、花粉をもろ浴びることになります。仕事もはかどらないし、運転中にくしゃみを連発したら危険でもあります。お悩みの方も多いことでしょう。今回は新聞配達時の花粉症対策をレポートします。

 

 

▼マスク
花粉症対策の基本はやはりマスクです。新聞配達に限らず花粉症に悩む方の大半はマスクをつけています。最近は高機能なマスクも増えてきました。
顔の下全体を覆うようなフェイスマスクは特に効果的なようです。但し少々いかついので、強盗に間違えられないようにお気をつけください。

 

 

▼メガネ
花粉症では目のかゆみも深刻です。目は直接外気にさらしているので、当然花粉が入りやすくなってしまいます。くしゃみや鼻水以上に症状が出やすい場所です。一番対策が必要な部分かと思われます。マスクと同じように高機能なメガネ(ゴーグル)が多く販売されています。バイクの運転にも適したゴムバンドタイプのゴーグルがおススメです。

 

 

▼ヘルメット専用プラズマクラスター
マスクもメガネもあまり効果が無いという方には、ヘルメット専用プラズマクラスターはいかがでしょうか?フルフェイスタイプ、ジェットタイプ、ハーフタイプのヘルメットに装着できて、プラズマクラスターが消臭・除菌をしてくれるという優れものです。イオンで空気を浄化してくれるので、高い効果が期待できます。少々値段は張りますが、花粉症にお悩みの新聞配達の方は検討する価値があるかと思います。

 

 

▼医者に行く
各種花粉症対策グッズを紹介しましたが、お医者さんにかかるのが手っ取り早い手段です。薬物療法を取りつつ、それでも十分な効果が得られない場合は、レーザー手術で根本的に治療するのが良いでしょう。健康保険が適用されるので、金額面でもそれほど負担はかかりませんし、入院の必要もありません。外来治療で短時間で済むようです。

 

 

いかがでしたか?
花粉症で鼻水をたらしながら配達していては、お客様の印象も良くありません。朝刊配達時はともかく、夕刊の配達時はお客様などとお会いする場面も多いかと思われます。配達業務を安全かつスムーズにこなすためにも、お客様の印象を悪くしないためにも、花粉症対策は万全を期して臨んでもらいたいと思います。