新聞配達電動アシスト自転車

電動アシスト自転車は侮れない

電動アシスト自転車は侮れない

電動アシスト自転車がこの世に生まれて約25年。どんどんその性能は進化を遂げて、業務用電動アシスト自転車が新聞配達だけではなく様々なビジネスシーンで利用されるようになってきています。各種宅配業、訪問営業など、免許もいらずに駐車スペースの問題も少ないので、各業界で重宝されています。メーカーも先駆者のヤマハだけではなく、ブリヂストン、パナソニックなど、各社が競って開発しているので、性能や使いやすさも良くなっていく一方です。あまり縁のない方たちにとって、電動アシスト自転車というと子供を乗せるママチャリのイメージがありますが、それ以上に業務用で需要が拡大されているのが現状です。業務用とは違いますが、高齢者の免許返納問題の影響で、電動アシスト自転車の利用がさらに増えていくことでしょう。今後さらに開発が進んでいくことが予想されます。

 

 

業務用電動アシスト自転車の特徴は、新聞などの荷物が沢山積めるよう、頑丈な大型バスケットとリヤキャリアが装備されていて、積載量は通常の自転車より大幅に増えています。また駐輪時も安定出来るよう、頑丈な両足スタンドやハンドルを固定出来る機能で転倒を防止出来るようになっています。足回りも、パンクがしにくく長距離の走行にも耐えられる高耐久タイヤと高性能ブレーキでトラブル防止も万全です。さらに大型の液晶画面も完備されていて、走行モードの切り替えや、時計表示、速度表示、バッテリー残量も一目で確認できるので安心して運転できます。

 

 

そして肝心なアシスト性能も、なめらかな発進と、重量のある荷物を載せていても登り坂も楽々走れるパワフルさで、快適に新聞配達をしていくことが出来る優れものになっています。カブやスクーターなどの原付バイクと比べたら、走行スピードではさすがに勝てませんが、免許が無くても誰でも簡単にすぐに運転出来るので、特に未経験で新聞配達を始める方にとってありがたい存在です。価格的にも業務用バイクより廉価なので、企業としても導入しやすくなっています。

 

 

以下、電動アシスト自転車のメリットの数々をご紹介します。

 

 

①環境に優しい
電動モーターがアシストしてくれる機能なので、CO2削減に役立っています。温室効果ガスの削減に多大な効果が期待できます。

 

 

②騒音が無い
朝刊配達時のバイクの音はクレームの対象になる場合もあります。電動アシスト自転車では騒音を出さないので、寝静まった住宅街でも安心して配達できます。

 

 

③コストも少なく経済的
ヤマハの電動アシスト自転車「PAS」では、1回の充電が約10円とのことです。これで最大で約70km走れるので、とても経済的です。コンセント(100V)から専用充電器につなげるだけなので、簡単に充電できるのも嬉しいポイントです。

 

 

④運転免許も技術も不要
自転車に乗れる方なら、誰でも簡単に運転できます。大量の新聞を積むのでバランスを崩さないよう、その点だけ気を付ければ大丈夫です。新聞配達未経験の方も、安心して運転することが出来ます。

 

 

⑤事故も少ない
バイク程スピードも出ないので、交通事故の危険も少なく済みます。場所によっては自転車専用通行帯があるので、自動車との接触の心配も少なく運転できます。雨天時のスリップなどの心配はありますが、バイクより怪我をする確率は少なく済むでしょう。それでも安全運転を心がけてもらわないといけませんが。。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
電動アシスト自転車は快適に業務が出来て、環境にも優しい今の時代に適した非常に優れたツールです。求職者の中には、バイクの運転が怖かったり不安があったりで、新聞配達の仕事を選択しない方もいらっしゃるかと思います。幅広い人材募集を実現するためにも、まだ電動アシスト自転車を導入していない新聞販売店様は、この便利で安全な自転車の導入を検討していってもらえればと思います。