新聞配達シニア世代

人生100年時代を新聞配達で生き抜く

人生100年時代を新聞配達で生き抜く

医学の発達により人間の寿命は長期化しています。いずれ先進国では多くの人が100歳以上生きる時代が到来すると言われています。もちろん日本も例外ではありません。戦後間もない昭和22年時点の平均寿命は男性約50歳、女性約54歳と人生50年という水準でした。戦時中の戦死者の方たちも含めた平均寿命でしょうから単純な比較は出来ませんが、寿命が飛躍的に伸びていることは間違いありません。

 

 

そんな時代を迎えようとしているのに、労働者の定年退職年齢は多くの企業が60歳(希望者は65歳まで継続雇用の義務)となっている状況です。仮に65歳まで働いたとしても、老後30年程度の生活設計を考えないといけません。金融庁の報告書で老後に約2,000万円の金融資産が必要との発表により世間を騒がせていますが、これだけの資産を残せる家庭は少ないかと思われます。大手企業や公務員で長年働いてきた方なら、それなりの退職金がもらえるでしょうけど、一般の庶民はそうはいきません。全体の97%以上が中小企業と言われていますので、退職金は住宅ローンの返済で大半が無くなってしまうことが予想されます。そもそも老後に必要な金融資産が約2,000万円という見積り自体が甘いという話もあります。とにかく言えることは年金だけでは人生100年時代を生き抜けないということです。

 

 

ではどうしたら良いのでしょうか?答えは一つしかありません。健康な間は働くしか無いのです。老後は悠々自適の生活を過ごすという時代は終わりました。生涯現役でこの時代を生き抜くしかありません。65歳を過ぎてもそれまでの会社でそのまま働ける人はごく一部です。大半の方は再就職を考えるしかありません。とはいえ、60代でやりがいのある仕事を見つけるのは容易ではありません。うまく再就職出来たとしても、自分の子供と同世代くらいの上司から指示を仰いだりするのは、なかなかつらいものがあります。精神的に病んでしまう方も少なくないようです。厳しい現実が待っているのです。

 

 

そんな再就職にお悩みの方たちには、新聞配達で働くことをお勧めします。基本一人で業務をこなしていくので、マイペースで働くことが出来ます。体力が必要とのイメージがありますが、早起きと気候の変動などに慣れてしまえば、決して重労働ではありません。むしろ毎日規則正しい生活を送るので、健康の維持にも役立ちます。朝刊配達と夕刊配達で実労働時間は4~5時間程度です。労働時間で考えるとお給料も悪くはありません。年金をもらいながら、不足する生活費以上の金額を稼ぐことが可能になります。

 

 

そして何より、全国の大半の新聞販売店が人手不足に陥っているので、シニア世代の方でもほとんどのお店で歓迎されます。新聞販売店において求められている人材は、真面目でこつこつ働いてくれる人物です。健康でさえあれば人生経験も豊富なシニア世代は、即戦力として働くことが出来るでしょう。人間、求められている場所で働くのが一番です。きっとやりがいを感じていくことが出来ると思われます。

 

 

まだ若い方たちも他人ごとではありません。いずれ定年退職を迎える時期がやってきます。今後年金の受給額はどんどん減っていきます。そうなったら仮に金融資産を2,000万円貯めていても、全然足らなくなってしまうのです。人生100年時代を生き抜くために、新聞配達のお仕事を考えてみてください。充実した老後を過ごすために、人生設計を今から考えていきましょう。