新聞配達早起き

【新聞配達ワーカー必見】早起きハック7つ

【新聞配達ワーカー必見】早起きハック7つ

朝の早い新聞配達ワーカーにとって「起床」は、最初にして最大の関門といっても良いくらい重要なものです。また早起きは三文の徳とも言われています。この言葉は中国の書物に由来し「3日早起きすれば、一人前の仕事になる」ということを意味するそうです。早起きは全ての基本でもあるのです。今回は、新聞配達ワーカーの方もそうでない方も使える、早起きに試せるワザ7つを紹介します。

 

 

【その1】 睡眠時間を調節する
自分に適した睡眠時間で眠れるように、眠りにつく時間を調節すると、早起きに効果的です。最近では、スマートウォッチ、スマートブレスレットなどで、自分の睡眠時間を記録してくれるものがあるので、こうしたギアを活用して、まずはベストの状態でいられる睡眠時間を見つけて、それに合わせて生活の時間を調節してみましょう。

 

【その2】 起床時間をSNSに記録していく
TwitterやInstagramなどに、毎日の起床時間を投稿し、日記のように記録していきます。見られている意識が高まり、起きられるようになる他、目標時間に対しての差異なども投稿することで、フォロワーの方などから思わぬ助言を得られたり、続けることで応援してもらえたりすることで、早起きの力になるでしょう。

 

【その3】 睡眠方法を工夫する
寝付きが悪く、思わぬ夜ふかしをしてしまうのはもったいないもの。そこで、眠りにつくときのルーティング動作を工夫します。きょうその日の自分を振り返ったりするのはNG。思わぬヌケ・モレに気づいたり、不安にかられて寝付きが悪くなるばかりか、眠りが浅くなってしまいます。雑誌を見たり、本を読んだり、できるだけボーッとできる時間を作って、自然に眠くなる方向に持っていくと、寝付きが良くなります。

 

【その4】 睡眠前の習慣をやめる
「寝ようと思っていたのに、ついつい朝になってしまった!」ーこんな経験、誰しも一度はあると思います。寝る前にTVを見る、飲酒する、スマホでゲームをする、などの習慣はそもそも眠れなくなるばかりか、思いがけず時間がかかってしまい、良い睡眠・起床には大敵です。どれかひとつでもやめてみることで、時間の自由度が拡がり、翌日の起床に良い効果をもたらすこと請け合いです。

 

【その5】 睡眠環境を整える
枕カバーやシーツが新しいと気持ちが良いですよね。良い睡眠のために環境を整えるのも有効な手段です。例えば、枕を高機能な低反発枕にしてみる、または素材を綿からそば殻などに変えてみる、布団やシーツを季節に沿った涼しい(または温かい)ものに変える、寝室の照明をすべて消す。などなど、自分に合った環境づくりをひとつからでも始めてみてください。

 

【その6】 食事の時間・内容に気を使う
夕食にもたれてしまうほど沢山食べると、眠くても眠れなくなってしまいます。量ももちろんですが、内容にも少しだけ気をつかってみましょう。唐辛子や胡椒などの刺激物は少なめにして、量は腹8分目。血圧の上がる塩分は控えめにして、ビタミンやタンパク質はたっぷりと。良い睡眠と健康的な食生活は、日常を活動的にしてくれて、心身ともに充実した日々を送ることができます。

 

【その7】 起きてすぐ実行するモノをつくる
起きてから布団やベッドの中で、ボンヤリした頭で何をするか考えるのではなく、寝る前に「明日の朝起きたら最初にコレをやる」というものを考えておきます。例えば、「立って伸びをする」「コップ1杯の水を飲む」「シャッターを開ける」など、まずはじめに実行するタスクを決めておくことで、それに着手するうちに目が覚め、二度寝をしなくなります。SNSをやっている方は、【その2】にもあるように起きたら投稿をする習慣をつけることがお勧めです。

 

 

こちらで紹介した方法の他にも、アラームを段階的にかけたり、複数の目覚まし時計など、簡単に試せる早起きワザはたくさん存在します。新聞配達ワークでご紹介した早起きハックが、新聞配達をされている皆様のお役に立てば幸いです。また、これから新聞配達のお仕事を検討されている求職者の方たちも、明日から是非試してみてください。早起きさえ克服すれば、新聞配達のお仕事は難しいことはありません。そして早起きに自信がついたら、気になるお店に問い合わせしてみてください。あなたのチャレンジを新聞配達ワークはお手伝いしていきます!!